ヤフオクでB-CASカードが出品・落札されている件について

テレビやレコ-ダーなどを購入する際に無条件で付いてくるB-CAS(ビーキャス)カード。
実はこのB-CASカードがヤフオクで、高値を付けて取引されている。
その中でも地デジやBS、NHKも見れる赤色のB-CASカードがメインだ。
BS 110度CS 地上デジタル共用B-CASカード
その他には地上波専用の青、地上波専用の橙がある。
一昔前には違法改造した黒も出回っていたようだ。

いや、しかしその前にヤフオクでB-CASカードを売ってもいいのか?といった疑問がある。

厳密に言うと、所有権はB-CAS社にある。
一応B-CASカードはテレビなどを買ったときに無償で借りている事になっている。
だからテレビなどを処分する際には返す事になっている。
したがって無償とはいえ借りているものを返さずに中古で売買するのは問題なわけだ。
不正行為ではあるが、違法かどうかは分からないのが実情だ。

さらには、個人情報の漏洩につながるのでは?といった意見も多数ある。
しかし、実は…
2011年の3月末で「BS・CS・地上共用カード(赤カード)」を含む
全ての種類のB-CASカードのユーザー登録を廃止されているのだ。

これには、以下の理由がある。
・ユーザー登録情報(登録者情報)を使わなくても円滑な業務の実施が可能になったこと。
・デジタル受信機の急速な普及で、大半の世帯でB-CASカードが使われるようになり
 ユーザーを特定するための登録の必要性も薄れてきたこと。
・社会環境の変化を踏まえ、個人情報の取得は必要最小限にするという考え方に基づくため。

そのため全てのB-CASカードのユーザー登録を廃止することになっている。
また、当社が保有しているユーザー登録情報(登録者情報)は
登録廃止後速やかに消去します。と書かれている。
ということは…
単純に個人情報の漏洩はないと考えていい。

ヤフオクでは単体でのB-CASカードの取り締まりを行っている。
カード単体で販売した場合、そのアカウントは停止されてしまうようだ。
そのため、ジャンク(壊れた)の地デジチューナーをつけて販売している。
この場合はどうやらセーフらしい。
中にはB-CASカード ジャンクチューナーなどと書き
B-CASカードしか写してなかったりする商品もある。

もう落札者的にもB-CASカード以外いらないのだろう。
詳しくは、実際の取引をその目で確認してもらいたい。

【参考】開催中のオークション→B-CAS(ビーキャス)カード