ギザ10のヤフオクでの価値と集めるお手軽な方法

ギザ十(ぎざじゅう)とは
昭和26年から昭和33年(昭和31年は未発行)にかけて製造された十円硬貨を指し
ギザ十は、その識別の容易さから従来コイン収集の対象とされてきた。
硬貨の縁に多数(132個)の溝が彫られており
ギザギザになっていることから、広くこのように呼ばれている。
ギザ10の年号別の発行枚数は以下の通りです。

昭和26年・・・101,068千枚
昭和27年・・・486,632千枚
昭和28年・・・466,300千枚
昭和29年・・・520,900千枚
昭和30年・・・123,100千枚
昭和31年・・・ 0枚
昭和32年・・・ 50,000千枚
昭和33年・・・ 25,000千枚

調査したところヤフオクでの1枚売りとしての価値(送料別)は以下の通りです。
※個人的主観が入ります。発行枚数と価格は大体一致しています。

昭和26年 並100~150円 美品600~2000円
昭和27年 並0円(取引なし) 美品250円~1000円
昭和28年 並0円(取引なし) 美品250円~1000円
昭和29年 並20円 美品250円~1000円
昭和30年 並20円 美品300円~1000円
昭和31年 発行枚数0枚のため取引なし
昭和32年 並60円 美品350円~2000円
昭和33年 並240円 美品1000円~3000円

★ギザ10を集めるお手軽方法
自動販売機に10円玉を大量に投下しおつりボタンを押すだけです。
自動販売機1台に1枚は眠っている場合が多いです。
非常に地味な作業ですので一人ではシンドイですが…
伊藤園、Coca-Cola、サントリー、DyDo、大塚、asahiひと通り試しましたが
投下した10円と違う10円となって返却口より戻ってきます。

★酸化した10円を綺麗にする方法
サンポール、漂白剤、しょうゆ、ソース、酢、レモン汁などに漬けておくと綺麗になるそうです。
酸性のものならばなんでもOKみたいです。

取引なしの年号でも数さえ集めれば
10円以上の価格で売ることができます。
集めておいて損はありません!