値上げしたら面白いように商品が売れるんだが…

私はオークションで毎日、価値はありそうなのに
売れない商品が、どうしたら売れるのかテストしているのだが
ここで、面白い報告がある。

それは値上げすれば、何故か商品が売れる…と言った法則。
※即決価格の商品でウォッチリストが複数入っている状況
そして、参照価格がよく分からない(値付けが難しい)商品に限る。

値上げと言っても、大げさな値上げではなく1%~程。
例えば 20000円で出品
→落札されないため19800円に値下げ
→その後20000円に値上げする
といったもの。

何故か?
あくまでも全て私個人の推測にすぎないのだが

→その商品が気になるからウォッチリストに入れてキープしておく。
→その後、値下げされたが微々たる金額なので保留にする。
→そろそろ、もう少し安くなったかな?と枯渇感があるところへ
→商品を見ると多少値上がりしている。
→ここで2パターンに分かれると予想される。

①他へ流れる。諦める。
②ここまで、まったし…多少高くなったが、これくらいなら落札しよう
ウォッチリストやアクセスが多いから?値上げした?
ということは、やっぱり価値が高く人気のある商品なのだろうか?となる。

ある意味購入を急かすキッカケになるのではないだろうか?
また、それなりに購入を悩んだことから
サンク・コスト効果が働いているのではないかと思う。
サンク・コスト効果(埋没費用)とは

この他に、
期間限定で◯日までサービス価格で出品致しております。
それ以降は、値上げします!などと堂々と値上げ宣言を行うといったもの。
この方法は消費者心理を上手くついていると思う。

さらには、セール品でカゴに入れられている商品があるが
なかなか売れずに困っていたところ
お一人様◯個まで!
といった言葉を入れたところ、飛ぶように売れ出すといったのを聞いたことがある。