Amazon×楽天ブックス同時出品で購入率を確実に上げる裏ワザ2/3

Amazon×楽天ブックス同時出品で購入率を確実に上げる裏ワザ1/3

「カタログ出品」と呼ばれ、ISBNコードやタイトルを入力するだけで
商品名と商品説明文ページが自動的に商品説明として自動的に掲載される。
後は画像1枚と追記のマーケットプレイスのコンディション説明と似たような文言をいれるだけ。

また、カタログ出品では「在庫確認」といった便利な機能がある。
在庫確認とは…
同じ商品を、同時期に複数の窓口(他サイトや店頭など)で販売する場合を目的とした機能。

同じ商品を複数のオークションサイトに横断出品する際
「在庫確認-する」を選んでおくと、在庫を確認してから取引を始めることができる。
他サイトで商品が落札されてしまった場合でも、出品者の評価は下がらない。
「在庫確認-する」の設定を選択しておけば
在庫がなくなった場合でもキャンセル料は発生せず、評価も下がらない。
ただしキャンセル回数は記録される。

在庫確認が設定されたオークションでは商品ページの終了日時欄に
「※落札後に在庫確認をします」と表記される(↓赤枠内参照)

在庫確認はカタログ出品&即洛設定(固定価格)出品の際に利用できる。
ちなみに、
Amazon×楽天ブックス同時出品で購入率を確実に上げる裏ワザ3/3へ