チケット転売で稼ぐ場合の注意点2/2


■発送方法の注意点
安価だからといって
クロネコメール便や記録がない定形郵便のみの発送方法はNG。
クロネコメール便は約款でチケットや金券は送付できません。
また配達も遅れたり途中で行方不明になる恐れがあります。チケットは高価な商品です。
安易な発送方法で送らないように注意して下さい。

オークションのチケット発送方法で圧倒的に多く
チケットを送る際、最も安い発送方法と言えば
普通郵便80円+簡易書留300円=380円での発送方法です。
簡易書留とは
引き受けた時間と配達状況(追跡)を記録してくれる郵便で
5万円までの補償がある発送方法。
手渡しなので紛失リスクはかなり下がります。
休日・祝日も配達されます。
発送する際に郵便局で、宛名ラベルがコピーされお客様控えとして渡されます。

■イベント中止時の責任は一切負いませんは必ず記載
アーティストの体調不良や突然の災害などで
公演がキャンセルされることは極稀にあることです。
そのような場合、もしも定価7000円のチケットを3万円で落札された場合
落札者は負におちないことでしょう。
窓口で払い戻しをしてもらっても23000円の損をすることになります。
商品説明にきっちり記載しておくなどの対策をして、のちのちトラブルにならないように。

■イベント会場で本人確認があるチケットには気をつける
ファンクラブの会員向けなどにチケットを販売、譲渡するイベントでは、
入場の際、本人確認を実施する場合があります。
全ての確認は事実上無理だという問題もありランダムで本人確認を実施する公演もあります。

■ファンクラブ入会について
基本的にファンクラブ席、通称FC席は、オークションでは良席ですので
最高値近くまで跳ね上がる傾向にあります。
もともとファンクラブ優先チケットはファンを大切にしたいということで
ファンクラブに用意しているチケットですから
ファンクラブでは転売を禁止しているところがほとんどです。
厳しい場合は、ファンクラブ会員ナンバーを提示させたり
応募用紙に顔写真を入れさせたりと、対策を練っています。
プレリクエスト先行 チケット申し込み完了!