ヤフオクで売れないものを売れるようにする方法

「それ、捨ててしまうのですか?」
「えぇ…もう古いものですから。回収に出します」
「そうですか、よろしければ私に譲って頂けませんか?」
「どうぞ、どうぞ」

自分から見て確かにそれは「ゴミ」かもしれません。
しかし、それは実は「お金」に変わるかもしません。
「それでも、ゴミとして捨てますか?」

ゴミを価値ある物に変えるためには
共通する大きなポイントがあります。

それは…
商品説明ページに商品を購入することでの
「得になること」や「効果」を記載するのです。

商品を買うことで得られるメリットやどのような効果があるのかを
いかに伝えるかによって、売上は大きく変わってきます。
また、商品を欲しいと思ってもらうために
「あ、これは自分に関係がある商品だ」と
感じてもらうことが重要なポイントになります。

ジャパネットたかたの高田明社長も
テレビで商品の説明をするとき
「買った人がどう使っているか」という使用するシーンを必ず入れてきます。
商品自体のスペックよりも
「その商品を使うことで、どんな未来が待っているか」
を語ることの方が、はるかに効果があるのです。

例えば 
中古 かなり古い机です。 ところどころ天板部分にシミやキズがあります。
ご了承の上でご落札下さい。3Nでお願いします。

などと書かれている商品は魅力に感じませんよね?
では以下のように変更してみてはどうでしょうか。

存在感のある品で、重厚感のある落ちついた木目が空間の演出用にもお勧めです
天然の木目が暖かい空間を演出してくれます。
年代物ですので、ところどころシミがありますが、これがまたいい味をだしてくれます。
良さを分かって頂ける方にお譲りしたいと思います。よろしくお願いします。


机を探していた人にとっては、魅力のある商品に映るかもしれません。


古くて汚い木箱が9800円で売れる…
「商品に変えるか」「ゴミとして捨てられるか」は全て文章力次第です。
文章の書き方一つで商品価値がまったく違ったものになってしまいます。
要は「あなたの文章力」がそのまま落札価格に反映されるのです。