これから高く売れる商品を予想する方法をついに発見!

これから売れるであろう商品を予め予想できる力…
そんなことが分かったら、小富豪も夢ではないのに…。

なんて思ったことありませんか?
実はそんな方法も全くないわけではありません。
しかもそれはとても身近で簡単なツールです。
あなたも毎日みているのではないでしょうか?

それは…

『テレビの番組表』です。
これほど便利に未来を予測できるツールは他にありません。
NHKでいうと「ためしてガッテン」「あさイチ」など影響力の強い番組で報道された直後は
インターネットでの検索数が急激に伸びます。

テレビで報道される→インターネットでキーワード検索をする
という行動は、もはや日常化しています。
さらには→「インターネットでそのまま商品を購入する」といった
ルーティンが消費者の中で既に出来上がっているのです。

一昔前までは商品を見もせずに物を買うなど、想像もできませんでしたが
今はガラリと変わってしまいました。

先日「しゃべくり007」にでていた映画コメンテーターで知られるLiLiCoが
しゃべくりメンバーに言われた「LiLiCo本書けばいいのに~」と言われた
セリフに対して返した「ザリガニとひまわり」って本書いてますよ~と一言。
たったこの一言で相場はがらりと変わったのです。
上の赤線がテレビで流れた日です(10/8)
それまで18人もいた出品者数が一気に4人まで減っています。
そして約20万位のランキングが一気に1000く位らいまで躍進しています。
つまりAmazonで中古の本が「それだけ売れた」ということです。
アマゾンが出品していた新品の本はもっと売れたことでしょう。

このことから分かるように、地上波テレビの影響力はバカにできません。
一瞬テレビで流れただけで、アマゾンランキングがここまで変動するくらい
通販サイトが賑わうのです。

Yahooなどのテレビ番組表なら無料で約1週間先までの番組内容を見ることができます。
もっと先回りしたければコンビニでTVガイドなど
「1ヶ月先まで未来を予測できる本」が売っています。

番組で特集している売れそうなキーワードがあれば
先回りして、商品を仕入れておくことです。
「健康」「ダイエット」「心配解決事」など需要が尽きることはありません。
新ドラマの内容やキャストからも関連するグッズや本が売れるかもしれません。
映画やゲームソフトの続編が出ると、前作の価格は必ず上がります。

2011年12月15日に発売の『ファイナルファンタジーXIII』の続編にあたる。↓「FFXIII-2」
2011年5月も終わり1400円くらいが相場だろうか…
2011年12月あたり 頑張れば2,800円いける気がする…
「先を読む力」とは「テレビ番組表を読む力」のことなのかもしれません。