ヤフオク!クレーム対応のまとめ

●クレームが付きやすいのが出品者の発送の遅れです。

対処としてまず、取引ナビにて「大変おまたせ致しました」等の
お詫びの文面と「速達」又はワンランク上の発送方法で商品を発送するなどの
心遣いを付け加えると、クレームに発展することを防ぐことができます。

●キズや汚れはあえて隠さない。

キズや汚れを隠して出品するとトラブルになる可能性は大です。
中古品になるとキズや汚れは付いても仕方のないことです。
気持よく取引を完了するためにも商品のコンディションをしっかり記入するのが大切です。
キズや汚れなど、隠さずに写真や文章にて書き加えておきましょう。
逆に信頼出来る出品者だと感じてもらえるため、購入してもらえるキッカケも増えます。
絶対条件として一番おおきなキズや汚れを撮影しておくこと
これだけでクレームになる可能性はかなり抑えられます。
人とは不思議なもので、予め一番大きなキズがあることを知っていると
それより小さなキズはさほど気にならなくなります。

●見に覚えがない言いがかりを付けられてしまった。

こちらのチェック不足や落札者が神経質な方ですと
時折発生する見に覚えがない言いがかり…
相手が話しのわかる方ならいいのですが
そうでない場合が多くややこしくなるケースが十分に考えられます。
相手の方の怒りが頂点に達する前に送料着払いで送って頂き
送料を含めた返金にサクっと応じるのが吉だとおもいます。

●商品説明にノークレーム・ノーリターン(NC/CR)と書いたのにクレームがきたのですが…

よくある質問ですが、基本的にノークレームノーリターンは書くだけ無駄です。
法的にもなんら意味をなしません。
むしろノークレームノーリターンを謳うことで
出品者としての資質が問われることになります。
入札を敬遠されることにもなりかねません。
入札しないでくださいねと言っているようなものです。
どちらにせよ、 出品者の説明に不備や抜けがあった場合は
返品に応じる義務があります。 

オークションには老若男女、多種多様な考え方の方がいらっしゃいます。
クレームを出さないように気をつけていても出るものはでてしまいます。

■クレームが出た場合、いかに迅速に解決するために頭を働かせれるかが重要なポイントです。
■クレームには勉強になることが多くそれを解決することで
出品者として成長できる要素が多いのも事実です。何事も経験です。