本当は教えたくない、ヤフオクで仕入れる転売方法

1福袋をヤフオクで仕入れてバラしてヤフオクで売る
多くの品をひとまとめにして破格値をつけることで
「売れ残り」をさばくのが福袋のそもそもの目的だ。
ただ売れ残りとはいえ、
ひとつひとつの商品は決して安いわけではないものも多い。

ワンシーズン前のアイテムであったり
不人気のサイズや色であるだけなら
売り方次第でいくらにでもなるだろう。
その他にもオススメキーワードとして「大量・セット・まとめ」などで検索がいいだろう。
特に狙い目は即決価格がある商品だ。

2中古本・CD・DVDをヤフオクで仕入れてAmazonで売る

個人が不要品を処分しようと考える時にまず、思いつくのが
古本やCD・DVDという人は多いのではないだろうか?

これらは実は手間を嫌い
まとめて出品してしまう出品初心者も数多くいる。
ただ、古びているからといった理由で
プレミア価値があることも知らずに…。

ヤフオクでは投げ売り状態に近いものを多く見かける。
転売目的で本を探す時はまとめ売りやセットなどの
検索で投げ売り出品を探すのがベストだ。
それをいちいちアマゾンのサイトで確認していけばいいだけ。

そして、古本を売る市場として最適なのは
オンライン市場、世界最大規模を誇るアマゾンが一番だ。
アマゾンマーケットプレイスに出品するのには
手間もかからない上、収益率も良い。

とりあえずアマゾンに出品していれば、ある程度の商品なら面白いように売れていく。
なによりも「個人売買はヤフオク」「本を探すならアマゾン」という
認識が根付いているのもあるからだ。

そのため…

両サイトの価格差を利用すると、かなりボロい転売も可能になる。
この中にもアマゾンでは59800円等の値がついている書物もある。
万が一にも売れればであるが、ある意味スーパーレアだ…
開始価格500円 即決550円!
但し、一つだけ注意したいことがある。
それはアマゾンへの手数料はヤフオクと比較にならないくらいに高いことを覚えておこう。

またこのようにインターネットで価値のある商品を探して
売る事を「電脳せどり」と言う。
詳しくは↓こちらのサイトを参考にしてもらいたい。