返金対応しました。Amazonに払った手数料って返ってくる?

Amazonにて返品&返金を申し込まれることは極稀にあります。
そのような場合、Amazonに払う手数料はどうなるの?という疑問にサクッと解説。

返品対応には以下の2通りあります。

①コンディションの相違での返品
見落としていた書き込みがあったとかです
※基本購入者との話し合いで返金額を決めます。
全額返金(送料含む)が望ましいでしょう。


送料を含む全額返金対応の場合
①この取り引きでかかった手数料全て、出品者に返金されます。

手数料(100円(成約料※小口出品者の場合)
+カテゴリー成約料60円~140円+15%の販売手数料)は全額返金されます。

※ただし往復分の送料は出品者負担となります。


②購入者都合での返品
やっぱり要らなくなった等勝手な都合でも
30日以内なら出品者は受け入れる必要があります
商品代金のみ返金、往復分の送料負担は購入者が普通です。

一部返金対応の場合
②15%の販売手数料分のみ出品者に返金されます。

100円(成約料※小口出品者の場合)
+カテゴリー成約料60円~140円は返金されません。

<2500円+送料340円でCDが売れた場合の入金額合計>

・購入価格2500円+送料340円
-Amazon手数料615円(100円成約料+カテゴリー成約料140円+15%の販売手数料375円)=2225円(振込金額総計)
一部返金(商品代金全額)した時の計算例
2225円(振込金額合計)-2500円(商品購入代金)
+375円(15%の販売手数料払戻)=100円
実際に表示されるトランザクション


この場合、100円のみ残ります。購入者都合でのキャンセルの場合
発送時に100円以上かかっていたならその分赤字ということになります。
下記の記事も参考にしてみてください。

はじめてのマーケットプレイス購入者都合での返品対応1/2忘備録編