ノークレーム・ノーリターンは効果があるのか?

ヤフオクですごくゴチャゴチャと商品説明
書いていらっしゃる方いますよね…?
ノークレーム・ノーリターンだとか梱包料だとか
商品説明より長い注意事項だとか…

あれ、すごく読むのが大変だし
何か他にも請求されそうで取引する気なくすんですよ。
逆にトラブルの元って気もします。
実際、私が落札する場合
分かりやすく完結に、そして良心的な方の商品を落札してしまいます。

最近ではノークレーム・ノーリターンに
ノーキャンセルというのも含まれ3Nでお願いします。
なんてのをよく見かけますね。

大体ノークレーム・ノーリターンなんて書いてあっても
結局、評価でトラブっているのは結構見ます。
結局は書くだけ無駄なんですよね…

専門家に聞く

1.「ノークレーム・ノーリターン」の有効性は?

出品側の説明や写真のみで商品を判断しなくてはならないネットオークション。
そのため「ノークレーム・ノーリターン」が有効なのは
あらかじめ出品者からきちんと説明があったと判断できる場合のみ。
つまり、説明にないシミやキズがあった商品に関しては
「ノークレーム・ノーリターン」は無効です。

2.シミがあるのを知っていたのに、黙って売った場合は?

この場合、着られないほどの大きなシミ。
気づいていたのに、わざと説明しなかった可能性も。
そうなると、出品者はシミつきの商品を売ったことについて
責任を負わなければいけません
落札者は返品・返金はもちろん、損害賠償を請求することができます

「あらかじめ商品のキズや汚れなどについて充分な説明があって
それを承知の上で買った場合
後で返品は受け付けられませんよ」というのが「ノークレーム・ノーリターン」。 
だけど、どこまで説明しておけば「十分」なのかは人それぞれ。

「ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル」=「3N」商品はリスクがあることを考えて
いつも以上に注意を払ってご入札を。