ヤフオクでの個数の設定まとめ1/2

ヤフオクの個数とは
在庫ともいえますし、購入(入札)できる上限数ともいえます。

例えば数量10で
10人の入札者のみで皆1個ずつ希望すれば
10人全員購入する事が出来ますし
1人の入札者が10個まで、複数個希望する事も可能です。

個数の設定がしてあるオークションへの入札は
入札時に希望個数を申し出ます。

入札の際、重要なのが
・入札時に価格の他に希望の個数がそろわなければ落札しない
・一部の個数でも落札する 
選択をすることになります(↓画像参照)
オークション入札時 個数の設定あり

以下のような例があるとします(出品個数5個での出品の場合)

A様 最高入札者1100円×個数2で入札
B様 最高入札者1000円×個数2で入札
C様 最高入札者800円×個数3 一部の個数でも落札するで入札
D様  900円×個数5 希望の個数がそろわなければ落札しないで入札


仮に今のままで終了した場合
1100円×2個A様
1000円×2個B様
800円×1個C様
と取引することになります。


Q、なぜ900円の方が最高入札者に入らず、800円の方が入っているのか?

A、900円×個数5の人は、希望の個数がそろわなければ落札しないを
選択をしているのに対して
最高入札者と表示されている方は希望数量は各々の数字でも
その数字以下でも落札するという選択をしている為です。

残っている商品数が希望数に足りない場合
「希望の個数がそろわなければ落札しない」の条件で入札していると
その人は落札しません。
落札の権利は、次に高い金額で入札した人に移ります。

このため、2個以上出品されているオークションでは
入札金額が高い人が落札せず、低い人が落札する場合があります。
また、入札者がいるのに落札せず、商品が余る場合もあります。

個数の設定とは【ちょっとした裏ワザ編】2/2へ続き