入札単位を利用した自動入札攻略法

入札単位
入札者がいるオークションに入札するとき
「現在の価格」に上乗せする最低金額を「入札単位」と呼びます。
入札単位は「現在の価格」により、以下のように自動で決まります。
入札により「現在の価格」が上がると、入札単位も自動で変わります。

【入札単位を利用した自動入札攻略法】
※自動入札攻略法の一つとして1円で競り勝つという手法があります

現在9,750円の商品を Aさんが10,001円で自動入札していた場合
Bさんが10,000円で入札しても落札できません。
この時点で現在価格は10,001円なので

最低入札単位である500円+して10501円で入札する必要があります。
しかし予算を超えたと判断したBさんは撤退。

よってAさんが最高入札者となり10,001円で落札することができます。
このようにうまくいけば10,500円以上で買うところを
499円以上安く買えることになります。

入札単位が変わる
1,000円 5,000円 10,000円 50,000円 に+1円で
自動入札しておくと効果的です。

Yahoo!オークションヘルプ抜粋
最高入札額は、「現在の価格」(入札者がいない場合)または
「現在の価格+入札単位」(入札者がいる場合)以上なら
1円単位で決められます。
たとえば、入札者がいるオークションで「現在の価格」が1,000円の場合
「現在の価格+入札単位」の1,100円以上なら
「1,101円」「2,001円」などでも入札できます。

下げ入札って何?

下げ入札とは金額を間違えて入札した場合
もう一度出してもいい金額を入力し直せば正しい金額になることです。

パソコンの入力ミスはよくあることです。
自分がここまでなら支払っても良いとされる金額を入力しますが
時折ここでミスが発生します。

例えば 最高入札額2000円と入れるところ
20000円など桁違いでの入札です。

通常放置していても、それより高い金額での入札が無ければ
2000円以内での落札も可能ですが。

もしライバルがいて吊り上がりすぎると
金額が予算をオーバーしてしまいます。

もし入力ミスをした場合
もぅ一度入札(下げ入札)し直すといいでしょう。
また、その場合入札者が一人しかいなくても
入札件数(手動で入札した件数)は増えます。