チケット転売で稼ぐ場合の注意点1/2

少し危険が伴いますが、当たればデカイ。
そんなチケット転売の注意点をピックアップ。

■開始価格に注意
いくら人気のアーティストのプレミアムチケットだからと言って
開始価格を定価の倍で設定するようなことはしてはいけません。
なぜなら転売目的の出品だと公言しているようなものだからです。
結果的に価格が高騰するのは一向に構いません。

■数量とコメントに注意
チケット転売時、初心者にありがちなのがこれ。
2枚ペア席を手に入れたのなら数量2で出品するより
数量1にして商品説明に入札金額は2枚1組の価格ですと明記しておきましょう。

分かりやすく説明しますとプレミアチケットを2枚手に入れたとします。
そして数量2で出品した場合以下のように入札が入りました。

A  30000円で 数量1
B 27000円で 希望数量2
C 20000円で 数量1

この場合ヤフオクのシステムでは AとCが落札できることになってしまいます。
出品者としてはBに譲りたいところですが。そうもいきません。
これでは、4000円損をした格好となってしまいます。
それに別々に梱包、連絡、発送する手間が大変です。
ですから数量1 ペア(2枚1組)で出品するのがオススメです。
【参照記事】ヤフオクの個数の設定について

商品説明欄に 後ほど希望数量をお知らせ下さい。 
と記載するのは落札手数料逃れの規約違反となり
一発でID停止に追い込まれます。気をつけて下さい。

■手数料も考慮にいれても利益が出るか
ローチケ プレリクエスト先行にかかる手数料
例えばローチケ.comでプレリクエスト先行に申し込んで
当選した場合、以下の様な手数料がかかってきます。
システム利用料 210円/枚
先行サービス料 500円/枚
配送料600円/1申し込み
この他にYahooへ支払う手数料もバカにできません。